Home » 成分辞典

パンテノールとは?

アンジュリンに含まれるパンテノールとはビタミンB群パントテン酸の誘導体でプロビタミンB5やパントテン酸ともいいます。

パンテノールは、体内で細胞の構築や成長、神経中枢系の発達に作用、脂肪代謝を高めます。

皮膚細胞の活性化、肌の弾力性や保湿性を高め、肌の再生を促進し、乾燥した肌に弾力と柔らかさを与えます。
そのことから、肌荒れ、小じわ、かぶれ、日焼け止め防止に使われ、特に肌の老化を防ぐスキンケア製品に多く使われています。

新陳代謝の活性化や保湿性などの面から、ヘアケア製品にも多く使われておりアンジュリンでも使われています。

パンテノールは、髪の毛のキューティクルへの浸透が早く、トリートメント成分として配合されます。

口コミ・コメントを投稿する