Home » 開発秘話

開発秘話

アンジュリンの開発秘話

森林を開発するために新しい研究がスタート

紙作りに取り組んできた王子製紙は同時に森づくりにも取り組んでおり、国内に19万ヘクタールもの森を持っています。
その研究施設として、三重県亀山市に森林資源研究所があります。
もちろん、森を研究し、紙の材料を安定供給することが大きな目的ですが、森から与えられる恵みをもっと研究し、ヒトの健康や暮らしに役立てるという使命があります。

紙の材料であるユーカリにすごい力が!

そこで、北海道から沖縄まで山林をめぐって3000種類もの植物のエキスを抽出しました。
その植物エキスデータベースには、数10種類のユーカリが含まれていました。
ユーカリエキスを調べているうちに、育毛剤に応用できるかもしれないという興味深いデータが出てきたのです。

こうして、アンジュリンの開発がスタートしました。

安全性が認められているユーカリエキス

ユーカリの葉をエタノールにひたすことによってユーカリエキスができます。
このエキスは保湿成分として化粧品に配合したり、食品添加物として使用していることが認められている安全なエキスです。
アンジュリンの育毛剤研究にあたり、ユーカリエキスの配合成分も安全性が認められていますが、王子製紙では皮膚パッチテストやアレルギーテストを実施し、ヒトの体に対する配慮を徹底しています。
(ただし、すべての人に対してアレルギーが起こらないという保証ではありません)

活性は高いけど医薬部外品として開発

育毛剤には医薬品と医薬部外品の2種類があります。
一般には医薬品の方が、効果が強いとされていますが、同時に副作用もあります。
また、医薬品の認定を受けるには、どのような成分がどのような作用をするのか、はっきりとデータで示す必要があります。
ユーカリエキスには非常に多くの成分があり、その中の複数の成分が育毛作用に関わっていることが分かりました。
必要なひとのために必要な成果を提供としたいと考えたからです。

苦労を重ねてたどり着いた独自の配合

アンジュリンには有効成分として、パンテノール、酢酸トコフェロール、センブリ抽出リキッドが配合されています。
これらは育毛剤として働くための主要成分ですが、これに国産ベビーリーフのユーカリエキスを加えると効果がアップすることが分かりました。
しかし、この配合バランスが微妙でほんの少し配合の割合を変えるだけで育毛効果が全然違ってくるのです。
成分の濃度や組み合わせの繰り返して、より育毛効果のある配合を見つけるという、地味な作業を何年も続けて、やっと最適な配合を見つけ、アンジュリンが完成したのです。

女性のための育毛剤アンジュリン

王子製紙は育毛剤としては後発のメーカーです。
先発の育毛剤メーカーをしのぐ商品でなければ意味がないとの信念のもと地道な研究を重ね、アンジュリンが誕生しました。
ユーカリのパワーを余すと来なく発揮した素晴らしい育毛剤です。